ザイグルグリルの口コミ 焼き肉をしても煙がでないって本当?

ザイグルグリルの口コミ 焼き肉をしても煙がでないって本当?

ザイグルグリルの口コミ 家族で焼き肉を食べるとき便利

ザイグルグリルという赤外線卓上調理器があるのですが、ご存じでしょうか。おいしく焼き料理をつくることができて、肉を焼いても煙がでないというのです。またホットプレートとは違って油をひく必要もありません。油をカットしてヘルシーに。赤外線卓上調理器・ザイグルグリルの口コミをみてみましょう。

焼き肉を家でする場合、問題になるのが煙、そしてにおいです。これまでホットプレートを使っていたのですが、これだと油がかなりはねます。でも焼き肉屋さんではなく家でやりたいです。そのほうが安上がりだから。そんななかザイグルグリルという赤外線調理器具をみつけました。

煙が出ない。本当か? 本当は疑っていました。そして試しに肉はもちろん他にもいろいろなものを焼いてみました。たしかに肉を焼いても煙が出ません。においもでません。そのため家族で焼き肉をすることが増えました。

ザイグルグリルの便利なところは煙の問題を解決しただけではありません。焦げ付くことがなし、油をひく必要すらないのです。焼き肉をして脂が飛ぶと片付けが面倒だったのですが、脂が跳ねることはないし、焼いているものが脂でギトギトになることもありません。

しかも使い終わったあと片付けも簡単です。ホットプレートを使っていたときは鉄板と本体を分離できないタイプのものだったので、ちょっと面倒に感じていました。でもザイグルグリルは鉄板の取り外しができ、鉄板は丸洗いできます。これなら片付けもカンタン。おいしく肉を焼くことができて、しかも片付けも時間をかけさせない、これがザイグルグリルの魅力です。

ザイグルグリルはなぜ煙を出さすに焼くことができるのか

家族で焼き肉を食べる。楽しいことですが自宅で焼肉をすると、煙や臭いの問題があります。煙が室内に充満し、さらに臭いもなかなか消えません。衣類やインテリアなどに臭いがつくとなかなか消えてくれません。だから焼き肉が好きだけと自宅ではしたくないという方も。

ホットプレートで肉を焼くと煙がでるのはなぜか。鉄板で肉を加熱するとなかから脂分がでてきます。これがプレートの表面におちて加熱されます。これが油煙を出すのです。また加熱する温度を高くすると、油煙もそれだけ多くなります。かといって温度を下げると肉に火が充分にとおせません。

ホットプレートは食材の下に熱源があります。食材からでた油は重力に引っ張られて下におちます。そして煙を出すのです。では熱源を食材の下ではなく上に設置すればどうなるか。ザイグルグリルなら食材からでた脂は熱源とは逆方向に向かうので加熱されて煙をだすことはないのです。そして口コミにもあるように煙で悩まされることはありません。脂が加熱されることで発生する臭いの問題も解決します。

赤外線による炙り調理が食材を味を引き立ててくれます。また熱源は上ですが、下にあるプレートにも熱は伝わります。これは油煙を発生させるような熱すぎる温度ではありません。食材を両側から加熱することができるのです。食材の厚さにもよりますが、ひっくり返す必要もなくなるのです。魚を焼くときは便利です(ひっくり返そうとして失敗したことはありませんか?)。

余分な油もおとせる

ザイグルグリルは余分な脂を落とすこともできます。プレートは中心に穴が開いていて真ん中に近づくにつれて低くなるように設計されています。食材からしみ出した余分な脂は、下にある油受けに落ちるようになっています。

ホットプレートの場合、鉄板のうえにしみ出した脂は煙の原因になるだけでなく、他の食材を脂まみれにしてしまいます。ザイグルグリルなら余分な下に落ちるので、とってもヘルシー。ダイエットをしていて脂を気にしてるかたも、これなら気にすることはないです。

鉄板で食材を加熱するときは焦げ付かないように油をひく必要があります。ところが赤外線調理器であるザイグルグリルなら油をひく必要もありません。また使用されている赤外線ヒーターはオーブンのように予熱の必要もありません。

また火加減の調整もカンタン。フードを上げ下げすることでヒーターと食材の距離を変えることで焼き加減の調整ができます。フードを高くすれば、遠火でじっくりゆっくりと加熱することができます。フードを下げれば強火でこんがりパリッと焼き上がりになります。また冷めてしまった揚げ物の再加熱にも使えます。温め直すと揚げたてのようなパリッとした焼き上がりになります。

熱源はカーボンヒーター

ザイグルグリルは熱源にカーボンヒーターを採用。ところでカーボンヒーターって何? 普通のヒーターとは何が違うのでしょうか。

まず発熱体に電気を流して熱を発生させる、この部分は同じです。カーボンヒーターの特徴はより多くのエネルギーを赤外線領域に放射させることができることです。

こうして発生した赤外線が食材のなかにある分子も振動させて熱になります。遠赤外線を使うことで食材の表面を焦がさず、内部にはしっかりと火をとおすことが可能になるのです。炭火で焼いたものがおいしいのは、炭火は大量の遠赤外線を放出しているからです。ただ一般家庭で炭火で調理は現実的ではありません。ザイグルグリルなら炭火と同じような加熱調理ができるのです。

赤外線調理により焼き肉はもちろん、ブロック肉もジューシーな焼き上がりになります。魚を焼くときにも使えます。焼き魚ならじんわり柔らかく皮はパリッと。それだけではなく唐揚げやとんかつも作れます。食材のなかに脂があるので、油は必要ありません。ヘルシーなノンフライ調理ができるのです。

後片付けも簡単にできる

ホットプレートの便利なところは、みんなで囲んで机の上で使えることです。友達や家族みんなでワイワイいいながら料理を作れるのがいいですね。使い方もカンタン。テーブルのうえにおいてスイッチをいれるだけ。

しかしいいところばかりではありません。ホットプレートの欠点は肉を焼くと煙がでることと、片付けのときやや面倒です。ホットプレートのなかには鉄板を本体から外すことができないものもあります。その場合はプレートの上に水を少しだけ垂らす。電源を入れて温まったら、水をティッシュペーパーかキッチンペーパーで汚れを拭き取る。楽しい食事が終わったら片付けもさっさと終わらせたい物です。これでは時間がかかって少々面倒。

ところが赤外線卓上調理器ザイグルグリルであれば、片付けもカンタン。プレートを本体から外すことができます。プレートは丸洗いができるので片付けはカンタンです。