冷却ジェルマット・スピードクーラーの口コミ 固まる、使えないなんて心配はないのか?

冷却ジェルマット・スピードクーラーの口コミ 固まる、使えないなんて心配はないのか?

冷却マットの口コミ 本当に冷えるの?

夏は寝苦しい・・・

夏といえば暑い。真夏日がつづくと熱中症に気をつける必要があります。また夜になっても暑いです。熱帯夜は寝苦しい。エアコンがないと熟睡できません。しかしエアコンはエアコンで問題があります。電気代が高くつくことと温度設定をうまくやらないと体調を崩す原因になります。

身体の熱を吸収して体感温度を下げる

そんななか現れたのが冷却ジェルマット・スピードクーラーです。特殊なジェルを使っていてからだの熱を吸収してくれます。これなら熱帯夜でも涼しく寝ることができます。

さてこの特殊冷却ジェル。本当に信用していいのでしょうか。なかには体感温度を7度低下させるというものもありますが、ジェルがすぐに固まってしまって使い物にならなくなったりシートが破れるなんてことはないのでしょうか。

塊にならない特殊なジェル

この冷却マットは中身が塊のようになって使い物にならなくなるということはありません。塩を原料とした特殊な冷却ジェルを使用しています。このジェルは30℃あたりで結晶化したり水溶化します。熱を吸収することで結晶が溶け、温度が下がることで結晶化します。一般的な保冷剤とちがって冷蔵庫にいれる必要はありません。常温で何度でも使うことができるというのが特徴です。

重くて使いにくいということはないのか?

冷却マット・スピードクーラーはからだの熱を吸収する特殊な冷却ジェルを使用しています。これが体感温度を下げて夏でも涼しく寝ることができます。体感温度は7度低下させるというデータもあります。従来のひんやりマットとは大きな違いがあります。

ところでスピードクーラーの冷却材として使用されているジェルは重くないのでしょうか。いくらひんやり感があるとはいえ重いと使いにくいです。実用性の面ではどうなのでしょうか。

スピードクーラーに使用されているジェルは「相変恒温素材」という特殊な素材です。そのためジェルが入ったマットだからといって重くはないです。

ジェルが偏らない

寝ているときは寝返りをうちます。そのときにジェルが特定の場所に偏ったりシートが破裂するようなことはないのでしょうか。この冷却マットは1枚のシートを数ブロックにわけた構成になっています。そのためマットのなかのジェルが片側に偏るようなことはありません。寝返りでマット上における体重のかかり方が変化したとしても、内部のジェルはマット内に均等に保たれたままです。そのため安定したひんやり感を持続することができるのです。

ひんやり冷却マットの口コミ

ひんやり冷却マットの口コミをみてみましょう。これは去年に購入した方の口コミです。

これまでは熱帯夜でも根性で乗り切るしかありませんでした。睡眠時間が短いと次の日は頭がぼんやりしてしまいます。実は冷却マットに効果があるかどうか疑っていたのです。でも値段もそんなに高くないので試しに購入してみました。ダメでもともと、効果があったら儲けものです。

実際に使ってみると予想以上の効果にびっくり。床に直接敷いて寝転がってみると予想以上のひんやり感です。しかも氷を使って冷やすような冷たすぎさもなく、心地よいひんやり感が得られます。

ほかにもこんな口コミがあります。

連日の熱帯夜で寝るときも暑くてたまらない。熟睡できない。だからといってクーラーを付けっぱなしで寝るのは体によくない。それでこれを購入しました。効果絶大とは言えませんが、熱帯夜をしのぐのには使えると思います。

ジェルが入っているので確かに重いです。しかし重くて動かせないというものでもありません。70才を超えている母が一階から二階の寝室まで持ち運びができるくらいの重さです。扱いにくさを感じさせる重さではありません。

ちょっと気をつけたほうがいいという内容でこんな口コミもあります。

素材がちょっと硬い。高反発マットレスを使っているのですが少しでも沈み込むと周りが盛り上がってしまいます。そのためこの冷却マットを使うのであれば硬めのコイルマットレスか薄い布団の上で使うのがよいと思います。

口コミの一部を紹介しました。夏は暑くて寝られない、エアコンは電気代が高くなるので使いたくないという方にはおすすめです。保冷剤のように冷蔵庫で冷やす必要もありません。すぐに使えます。

収納性の問題はどうなのか?

暑い夏には必須アイテムですが、夏が終わって片付けるときはどうなるのでしょうか。収納性の問題です。なかにジェルが入っているので収納性に関しては考えられていないのかというとそんなことはありません。

きれいに折りたためる

このシートは1枚のシートを数ブロックにわけた分割縫製をしています。これはジェルが1ヵ所に偏ることを防ぐ効果もあるのですが、収納性も向上させています。

分割縫製になっているので縫い目に沿って折ればキレイに折りたたむことができます。これならコンパクトに収納することができます。

防水仕様

それから防水性も考慮されています。シートの表面は防水性の高いポリ塩化ビニールを使用。完全防水仕様なので、もし汚れがついたときも水をつけた布で拭くだけで汚れはすぐに落ちます。マットは寝るときに肌に直接触れるため、清潔なものを使いたいものです。冷却マットであれば清潔性も保てます。

長持ちしない?耐久性はどうなのか?

効果は長続きする?

この冷却ジェルマットは従来のジェルマットとは違います。通常のジェルマットの3倍以上の冷却効果を実現しています。ひんやりマットと称して売られているもののなかには、はじめは冷たく感じるけど効果が長続きしないものもあります。すぐに熱がこもってしまうものもあります。

すぐに破れる?

また耐久性の問題もあります。ひどいものになると裂けやすいものもあります。ジェルをいれている表面の素材が破れて中身が出てしまうと使い物になりません。冷却ジェルマットは耐久性も高いです。

冷たすぎるなんてことはない?

このクールマットは寝苦しい熱帯夜でも熟睡できるアイテムです。エアコンのように電気代がかかることもありません。

ところで冷たすぎることはないのでしょうか。一般的な保冷剤は冷凍庫で冷やして固めてから使います。冷凍庫から出したときは大変冷たいです。そして温度が高いところで使うとすぐに冷却効果がなくなってしまいます。なかには30分もすればほとんど冷たさが感じられなくなるものもあります。

このマットはそんなことはありません。塩を原料とした特殊冷却ジェルを使用しているからです。ジェルは最初は結晶状態になっています。この上で寝ると熱を奪うため、適度なひんやり感があります。また吸収した熱をマットの外へ放熱する作用もあるため、効果の持続時間が違います。一般的ひんやりシートと比較すると3倍以上の冷却効果があります。冷たく感じるのは最初だけ、すぐに効果がなくなるということはありません。

一般的な保冷剤のように使う前に冷蔵庫で冷やす必要がないので手軽に使えます。